熱狂ブランド調査 2018 調査結果レポート

<資料イメージ>

資料の概要

2016年、2017年にも実施した「熱狂ブランド調査」の調査結果レポートです。
20業界、合計200ブランド、回答者数約16万人を対象とする点は過去2年と変更せず、顧客が熱狂しやすい(もしくは、熱狂しにくい)業界傾向の継続的把握を目的として、熱狂顧客比率(熱狂度が「High」をマークした顧客の割合)と、熱狂的推奨者比率(熱狂度が「High」、かつ推奨意向度が「9~10」をマークした顧客の割合)の業界間比較、業界内ブランド間比較を実施しました。

≪調査概要≫
■調査方法:インターネットリサーチ
■調査日程:2018年10月3日~11月13日
■調査地域:全国
■調査対象:以下、20業界・全200ブランド(業界ごとに主要10ブランドを調査)
ビール/お茶/アイスクリーム/スナック菓子/チョコレート菓子/女性用シャンプー/洗濯洗剤/ポイントメイク用品/スキンケア・ベースメイク用品/ファストファッション/百貨店/ファーストフード/コーヒーチェーン/ノートPC/デジタルカメラ/自動車/テーマパーク・遊園地/航空会社/ランニングシューズ/雑貨店
■有効回答数:158,061名(20業界全体)
■回答者の属性:20~69歳の男女(調査会社が保有する調査パネル)
【性別】男性 46.2%、女性 53.8%
【年代】20代 8.4%/30代 22.9%/40代 30.2%/50代 24.9%/60歳以上 13.6%
※女性用シャンプー、洗濯洗剤、ポイントメイク用品、スキンケア・ベースメイク用品は女性のみで調査